ケージの猫その後

    2013.03.12 23:54|ねこ


     去年夏、勝手に引用させていただいて、病院で暮らす兄弟姉妹の猫の記事を書きました→『感動的な実話』。
     このたび、引用先のみめるみのらママさんよりコメントをいただきましたので、追加情報をも含めて書いてみます。
     写真を再掲しましたが、ピューリツァー賞の報道部門の賞を取ってもおかしくないほどの、凄い写真ではありませんか!下の二つのプラスチックの四角い皿は猫のトイレです。二つのトイレが、産まれてこの方、赤ちゃん猫から四歳の成猫に至るまで、この四兄弟にとっての全世界であり続けたわけです。
     無論、全くネグレクトされていたわけではなく、スタッフによる最小限のケアは行われていました。ただ、遊びたい盛りの子猫の頃、この四猫はどうすごしていたのでしょうか。
     みめるみのらママさんが「なんとかしよう」と行動開始したのが2011年10月。それから一か月以内に黒猫2匹は里親が見つかり貰われていったものの、残るハチワレ2匹は、みねるみのらママさんが自宅に引き取って一時的に預かることになりました。そして、翌年7月にようやく新しいおうちが見つかったのです。
     この四兄弟とは別に、おもち君という、やはり同じ境遇の薄いベージュの猫もいました。こちらは、なんと7年、ケージの中で暮らしたのです。(のちに記録の誤りとわかり、実は4年でした)。おもち君は幸いにして慈悲深い若夫婦に貰われていきました。
    おもち君

     そして今、この同じケージに、ちび君という、7歳♂の大きなキジトラ猫がいます。この猫は、病院猫ではありません。老夫婦に飼われていましたが、妻は癌で死去、夫はアルツハイマーで施設に入ることとなり、飼う人がいなくなってしまったのです。詳しくは、みめるみのらママさんのブログで→http://blog.goo.ne.jp/koma-reinnbo-
    ちび君
    スポンサーサイト



    テーマ:
    ジャンル:ペット

    | 2013.03 |
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    プロフィール

    諸パン

    Author:諸パン
     2011年初夏生まれの三毛猫マズルカ♀
    ww A- Oo D- ii -- B- C- SS L-
    体重 4.3 kg ('16.07.14)
    max 4.3 kg

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ(タブ)

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ページトップへ