久しぶりに重い映画を観た

    2015.12.01 00:48|未分類
     ここ四年くらい、音楽やピアノに興味が行っていたので、映画は驚くほど観なかった。
     けれど、アマゾンプライム(年額3900円)で映画・ドラマと音楽が見放題聴き放題というのが始まっており、一か月のお試しを経て加入してみたのです。本来の趣旨である「お急ぎ便無料」も、当然ながら継続されます。(尤もアマゾン利用シェアは以前より目立って減ったのだけど。)
     それで、先づは見逃していた園子温カントク作品を観ていくことにしました。
     『ヒミズ』、2012年作。重い映画に感じた。観ているのが苦痛だった。親から全く愛されずに育った少年。少年に献身的に尽くす少女も、実は同様の家庭環境だった。そして少年は周囲のあらゆる人間から徹底的に痛めつけられる。それも文字どおりの生の暴力によって。だが少年には引きこもる余裕もない。奇妙だが少年を慕ってくるかなり年長の大人が複数いる。
     大震災の被害が背景にあるが、それとは無関係におかしな人間どもが暴走する。
     今は観終えた直後で浮かばないが、数日すれば何か見えて来るものがあるのだろうか?
    スポンサーサイト



    | 2015.12 |
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    諸パン

    Author:諸パン
     2011年初夏生まれの三毛猫マズルカ♀
    ww A- Oo D- ii -- B- C- SS L-
    体重 4.3 kg ('16.07.14)
    max 4.3 kg

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ(タブ)

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ページトップへ