書くことがない

    2016.08.09 10:40|未分類
     こっちには、本当に書くこと(書くべき内容)がなくなってきました。

     ピアノ談義をしようにも、これは先生との間で相当マニアックなレベルまで話が進んでいます。それを、一般的な文脈でも伝わるように書くとなると、労力的に大変です。
     以前、教室に行く時にヤフーで電車の運行状況を調べるという話を書きました。人身事故、つまり自殺があるからですね。
     (仮に自殺が避けるべきものだとして、)自殺しないためにはどうしたらいいか?
     キリスト教は自殺を禁じているので、キリスト教徒になるのも一法でしょう。でも、キリスト教徒になるためには、キリスト教を信じるという<選択>が必要ですね。もしくは、信者になった後も、自殺禁止の教えを守り続けるのだという<選択>が。
     選択というからには、人はそれを(選ぶかもしれないが)選ばないかもしれません。
     そういう「選択」を経なくても、自殺しない方法は?
     そのためは、自殺がよくないことについての深い納得=不可逆的な理解、をするしかありません。
     不可逆的、というのは、それを理解したら、もう元の無理解な状態へは戻れない、ということ。その後は、選択する・しないの問題ではなくなります。
     そういう理解のために力になるのが、スピノザの哲学かもしれません。

     まあ自殺問題を離れても、岩波文庫上下巻からなる『エチカ』はすごく刺激的で、おもしろい読み物だと思いました。
    スポンサーサイト



    身の丈

    2016.08.14 10:25|未分類
     アマチュアであれピアノをやっていると、どうしても著名なプロの演奏が気になってしまうのでは?
     たとえばクラシックピアノをやっていて、「自分は、グールド、ギーゼキング、リヒテル、コルトー、アルゲリッチ、etc.、、、から現代に至る巨匠の演奏など別に興味もなく、めったに聞かず、自分のピアノだけをやっている」という人はほとんどいないような気がする。
     または、プロでなくても、いわゆる上級者の演奏が気になったり、、、。

     だけど、別の趣味の世界では、その分野の一流など最初から眼中になく、また、同じ趣味の他人への興味も薄い状態で、自分の世界に浸っていることも少なくないでしょう。
     たとえば写真やスケッチなどですね。花、風景、建物、鉄道、、、などの写真を撮り、ながねん自分のブログに載せている。対象物と、それに接した時の自分の感じ方だけが大切で、自分の作品が優れているかどうかなんて思ったこともない、、、って感じ。
     そういった「作品」がつまらないのかというと、そんなこともなく、中には独特のオーラを放っているものがあったりする。
     むろん、写真や絵のコンクールは存在するけれど、そんなものまったく意識せずやっている人口が多いような気がする。

     写真、絵にかぎらず、俳句や散文・日記などでも、同様でしょう。

     ピアノも、優劣を気にする心性を離れて、自分ひとり、もしくは少数の仲間との限定空間の中で、<身の丈に合った>楽しみ方をできないものか?
     ピアノではそれができにくい(と思いがちな)のは、ピアノでは少し手を抜くと、音価やリズムが保てず、また、唐突に大きな音が出たり、音抜けしたり、、、そういう不快な要素が出てくる。だから、訓練的なものが必要となり、訓練的なことをやりだすと、「これは今は苦しいけれど、乗り越えれば自分も上級者になれるかな?」という発想をしがちになる。

     実際、ピアノという楽器はむずかしい面があるんでしょうね。アクションの進化したグランドピアノでは、幅広いダイナミックレンジと同時に、本当に微細なレベルまでの音量のコントロールを奏者に許している。楽器は奏者に対して高い可能性を開いているわけだけど、奏者の側からすると自分のコントロール能力をその高度なレベルにまで適合させなければならない。
     去年の夏、或る機会を得てチェンバロの体験をすることができましたが、生まれて初めてなのに幾つかある手持ちのバッハの曲を、意外なほどスイスイひけたので驚いた。そのわけは、チェンバロは強弱がほとんど付かない楽器。それでいて音色は綺麗なので、その音色に反応しつつどこまでも気持ちよくひけた。

     、、、身の丈に合ったピアノで思い出したのは、北国にお住まいで熱帯魚とピアノを兼ねたブログ。ああいう感じでピアノに接するのもアリかな?、、、と。今もあのブログがあるのかどうかはわからない。
    | 2016.08 |
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    プロフィール

    諸パン

    Author:諸パン
     2011年初夏生まれの三毛猫マズルカ♀
    ww A- Oo D- ii -- B- C- SS L-
    体重 4.3 kg ('16.07.14)
    max 4.3 kg

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ(タブ)

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    ページトップへ